在看日文的文章時,意外看到這篇提到一首關於親子的詩
是美國的『ドロシー・ロー・ノルト博士』在1954年寫的詩。

裡面提到的道理其實很簡單,就是孩子是父母的鏡子,
你怎麼樣教育你的孩子,你的孩子就會變成什麼樣的人。

更要分享給大家的是,
偶爾看看自己感興趣的標題文章,也是學習日文的一種方式。:P

 

           「子は親の鏡」

             けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
  
    とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
   
    不安な気持ちで育てると、子どもは不安になる
    
    「かわいそうな子だ」と言って育てると、こどもは、みじめな
    気持ちになる
      
    こどもを馬鹿にすると、引っ込みじあんの子になる
   
    親が他人を羨んでばかりいると子どもは人を羨むようになる
   
    叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」
    と思ってしまう
   
    励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

    広い心で接すればキレる子にはならない

    誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

    愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

    認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

    見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる

    分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

    親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

    子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

    やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、
    やさしい子に育つ

    守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ


    和気あいあいとした家庭で育てば、こどもは、この世の中は
    いいところだと思えるようになる

 

那我想Miko醬以後應該會是個很nice的女孩。

(間接稱讚到Miko醬的父母,哈哈!!!!)

 


還有一段話所提倡的跟『親密育兒』的一樣,
我覺得比起百歲,親密育兒更適合我們。

親密育兒提倡的是寶寶一哭立即給予回應,
抱她也好,哄她也好,這會讓寶寶更信任你,更有安全感。
而且不會寵壞他們。

如果寶寶哭了馬上給予回應,
也許久而久之,寶寶確實不太哭了,
但是因為寶寶知道哭沒有用而失望、開始放棄與不信任。



 

赤ちゃんの幸せは、愛や暖かさや食べ物の要求が満たされるかにかかっています。
感情的な発達の基礎は、家庭という最初に触れる関係の中で育ちます。

赤ちゃんが泣いたときはすぐに「抱っこ」してあげることが、愛や信頼を築く上で最も大切なことです
「そうしても、赤ちゃんを甘やかすことにはならない」と心理学者も言っています。

 

 


Miko 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()